筋トレ初心者のための、自宅でできる筋トレの仕方

腕の筋トレ

家でできる筋トレ 全身鍛えて細マッチョに


HOME >> 腕の筋トレ



腕の筋トレ


腕の筋肉は脚や背中の筋肉と比べて小さい筋肉が集まっています。

代表的なのが、力こぶになる上腕二頭筋と、その裏側にあたる上腕三頭筋です。

腕を太くしたいというときには、この上腕二頭筋と上腕三頭筋の両方を鍛えなければなりません。


腕を鍛える筋トレには、次のようなものがあります。


1.リストカール
2.ダンベルカール
3.腕立て伏せ


腕の筋トレの仕方


1.リストカール(前腕を鍛える)

・椅子に腰かけ、右手でダンベルを持って、その右腕の前腕を右太腿の上に置きます。
・このとき、手の平側が上を向いていて、手首から先は膝の前に出た状態です。
・指先から手首まで、手前側に巻くような感じで、手首と前腕の力でダンベルを持ち上げます。
・腕は太腿から離れないようにします。
・手首を戻して、また同様に数回繰り返します。
・左腕にダンベルを持ちかえて、同様に数回繰り返します。


2.ダンベルカール(上腕二頭筋を鍛える)

・両手にダンベルを持ち、手の平を前側にして立ちます。
・右腕の肘を曲げて、ダンベルを胸まで持ち上げ、下ろします。
・同様に左腕のダンベルを持ち上げて、下ろします。
・左右のダンベルを交互に持ち上げますが、ダンベルがひとつしかない時は片方ずつでもかまいません。


3.腕立て伏せ(上腕三頭筋を鍛える)

・両手の間隔を肩幅程度にして、床に手をつきます。
・脇を締めて、腕立て伏せをします。
・腕立て伏せは、両腕の間隔を狭めるほど上腕三頭筋が鍛えられ、両腕の間隔を広げるほど大胸筋が鍛えられます。



関連記事です




Copyright (c) 2014 家でできる筋トレ 全身鍛えて細マッチョに All rights reserved.

▲TOP